ガーリック

ガーリックの効能・効果

ガーリックには強力な抗菌作用があり、肺炎をはじめとした感染症を予防する効能があるといわれています。風邪のときなど、ガーリックをティーにして飲むと体も温まってよいです。

また、ガーリックにはコレステロール値を下げ、血小板の凝集を抑えて血栓ができにくくする効果もあります。日常的に適量を摂取することで、心臓病を患うリスクが軽減されます。

このハーブにはガンを予防する効果があるという研究発表もあり、更なる研究が進められています。

★注意★
日常的な大量摂取は避けてください。授乳中の人は使用に注意が必要です。

効能・効果まとめ

強壮、抗菌、殺菌、抗酸化、コレステロール低下

ガーリックの起源・由来

ガーリックは中央アジアの原産で、5000年以上前から古代エジプトなどで栽培され、使用されてきました。エジプトのピラミッド建築に従事した人々には、力を保てるようガーリックが配られたと記録されています。

また、このハーブは悪霊から身を守ってくれる魔除けのハーブと信じられていました。ヨーロッパでは、邪悪なものから身を守るため、ガーリックをお守りとして身に着けていたといいます。

ガーリックの名は、アングロサクソン語で「槍」を意味するgarと「香味野菜」を意味するleacに由来しています。これは、このハーブが槍のような姿をしているためでしょう。

花言葉は「勇気と力」です。

ガーリックの特徴

ガーリックは温暖な気候を好み、日当たりと水はけのよい土壌でよく育ちます。今日では世界中の至る所で栽培されています。

草丈は60~90cmほどにも生長し、夏には茎の先端に白い花を咲かせます。多年草ですが、一般的には一年草として栽培され、夏の間に収穫されます。

ガーリックは世界中のあらゆる料理の風味付けに用いられ、欠かすことのできない香辛料の一つです。

使用部位
球根、葉、茎、芽
用途
料理、ティー、美容、リースなど

学名:Allium sativum

和名:にんにく

種別:ユリ科ネギ属 多年草

成分:アリイン、メチイン、アリシンなど

ガーリックと同じく
ユリ科のハーブ

スパイスとして活躍するハーブ


掲載中のハーブ
アクセスランキング

ハーブティー

ハーブティー

ドライハーブを使う入れ方とフレッシュハーブを使う入れ方があります。数種類をブレンドしてもよいですね。

ミントウォーター

ハーブドリンク

イギリス生まれのエルダーフラワーコーディアルが有名です。オリジナルのカクテルを作ってみてはいかがでしょう。

ハーブ料理

ハーブクッキング

ハーブを利用した様々な料理やデザートのレシピがネット上でも公開されています。

ハーブオイル

ハーブオイル

オリーブオイルなどにハーブをつけ込んで作ります。ハーブの風味を楽しみましょう。

バスルーム

ハーバルバス

浴槽にハーブを入れて、ハーブの成分が含まれたお湯に浸かります。全身浴、半身浴、足浴、手浴などの方法があります。

リース

リース・ドライフラワー

ハーブでリースを作って玄関に飾ってみてはいかがでしょう。ドアの付近にハーブの香りが漂います。

ポプリ

ポプリ・サシェ

ポプリは乾燥させたハーブに精油を混ぜ合わせて作ります。乾燥させたハーブを小袋に入れればサシェになります。

ボトル

チンキ

ハーブをアルコールに浸してしばらく保管し、ハーブの成分を抽出します。長期間保存でき、内用も外用も可能です。

アロマグッズ

アロマテラピー

ハーブから抽出した精油を利用して、アロマバスや芳香浴、フェイシャルサウナなど、楽しみ方はいろいろです。