レモングラス

レモングラスの効能・効果

レモングラスには抗菌・殺菌作用があり、風邪の予防や腹痛、下痢の緩和にも効果的といわれています。水虫の治療にも利用されます。

このレモングラスの香りは虫が嫌う匂いで、虫除けスプレーなどにも使われています。レモングラスの葉をクローゼットに入れておくと虫がつかないともいわれます。

このハーブが放つレモンのようなすっきりとした香りは、私たちの眠気を覚まし、気持ちをリフレッシュさせてくれます。うつ気味な気分も和らげてくれることでしょう。

乾燥させたレモングラス

また、レモングラスは胃の働きを助けて消化を促進し、脂肪の分解を促す作用もあるといわれています。食べ過ぎて胃もたれしたときや胸やけのするときなど、レモングラスのハーブティーがおすすめです。

ほかにも、このハーブには血行を促進し、貧血を予防する効果があるといわれています。

★注意★
妊娠中の人は使用を避けてください。

効能・効果まとめ

消化促進、駆風、抗菌、殺菌、虫除け

レモングラスの起源・由来

レモングラスは、インド、スリランカ、インドシナ半島の原産で、熱帯アジア地域に自生しているハーブです。

その歴史は古く、インドでは数千年前から人々に好まれ、栽培されてきたといいます。伝統医学アーユルヴェーダでも利用されてきました。

このハーブはレモンと同じ香りの成分(シトラール)を含有し、レモンのような強い香りを放つハーブ(草)であったことからレモングラスと名付けられたといわれています。

花言葉は「爽快」です。

レモングラスの特徴

レモングラスは高温多湿な環境を好むハーブです。もともと熱帯の植物のため寒さには弱く、日本で栽培する場合、冬は室内に入れて管理します。

高さは1~2mほどまで育ち、レモンの香りのする太い茎にススキのような細長い葉をつけます。夏には赤みがかった花を咲かせます。

レモングラスはタイ料理のトムヤムクンなど、東南アジア料理には欠かせません。肉や魚の臭みを消したり、カレーの香りづけにも用いられます。

さわやかなレモン風味のハーブティーも人気です。乾燥した葉を使ってもよいですが、生葉を使用するとレモンの香りを豊かに感じることができます。他のハーブとのブレンドにもどうぞ。

使用部位
葉、茎
用途
ティー、料理、美容、アロマ、ポプリ

学名:Cymbopogon citratus

別名:メリッサグラス

和名:レモンガヤ、コウスイガヤ、レモンソウ

種別:イネ科オガルカヤ属 多年草

成分:シトラール、ゲラニオールなど

スパイスとして活躍するハーブ


掲載中のハーブ
アクセスランキング

ハーブティー

ハーブティー

ドライハーブを使う入れ方とフレッシュハーブを使う入れ方があります。数種類をブレンドしてもよいですね。

ミントウォーター

ハーブドリンク

イギリス生まれのエルダーフラワーコーディアルが有名です。オリジナルのカクテルを作ってみてはいかがでしょう。

ハーブ料理

ハーブクッキング

ハーブを利用した様々な料理やデザートのレシピがネット上でも公開されています。

ハーブオイル

ハーブオイル

オリーブオイルなどにハーブをつけ込んで作ります。ハーブの風味を楽しみましょう。

バスルーム

ハーバルバス

浴槽にハーブを入れて、ハーブの成分が含まれたお湯に浸かります。全身浴、半身浴、足浴、手浴などの方法があります。

リース

リース・ドライフラワー

ハーブでリースを作って玄関に飾ってみてはいかがでしょう。ドアの付近にハーブの香りが漂います。

ポプリ

ポプリ・サシェ

ポプリは乾燥させたハーブに精油を混ぜ合わせて作ります。乾燥させたハーブを小袋に入れればサシェになります。

ボトル

チンキ

ハーブをアルコールに浸してしばらく保管し、ハーブの成分を抽出します。長期間保存でき、内用も外用も可能です。

アロマグッズ

アロマテラピー

ハーブから抽出した精油を利用して、アロマバスや芳香浴、フェイシャルサウナなど、楽しみ方はいろいろです。